ウォールナットは宝石?

2021.11.07 update | BLOG

自分で自分を褒めたいと思います。

年齢が分かってしまうワードでスタートした第5回目、「これさえ知れば、インテリアショップでお買い物が楽しくなる(仮)」。

 

自分で言うのもなんですが、5回目まで続けているとは。

冒頭のセリフを自分に贈ってあげたいです(´っ・ω・)っ

 

さて、5回目となる本日ですが前回の

なら?ホワイトオーク?レッドオーク?



の続き?家具でよく使用されるウォールナットについて書いていきます。

 

では恒例のwikipedia(以下:wiki)から引用した内容によると

クルミ(胡桃、山胡桃、呉桃、英語:WalnutBlack walnut、学名:Juglans)は、クルミ科クルミ属の落葉高木の総称である。また、その核果の種子を加工した食用のナッツを指す。木材としては、英語を片仮名読みしてウォールナットと呼ばれる。

 

となっております。

wikiさんいつもありがとうございますm(__)m

 

私もお店でお客様にご案内する際、ウォールナットっと聞きなれない方も多いようで(。´・ω・)?っとされる方も多いので、その方にはクルミの仲間ですっとお伝えしています。

この「仲間です」というのが一つポイントで、クルミと全く同じというわけではないんですね。



実は家具で使用されるウォールナットは「ブラックウォールナット」と呼ばれるもので、主に北米で採れます。

「ウォールナット」っと検索すると、よく「三大銘木の一つ」と紹介されており、「木の宝石」なんて呼ばれていたりもします。

因みに三大銘木、他の2つは「チーク」と「マホガニー」ですが、今回はこの2つはスルーします(。-`ω-)

 

三大銘木っと聞くと凄い感じがするのは私だけでしょうか⁉

しかしその名に恥じない、素敵な杢目と風合い、そしてエイジング(経年変化)でミゾブチ家具でも大人気の樹種です。

ただ、前回ご紹介したオークと比較すると、価格が少し高くなる傾向にあります。

 

やはり三大銘木…



でも、その価格を出してでも魅力あるウォールナット。

先ほど、お伝えしたエイジングなのですが、ウォールナットは使い込んでいくと新品の時よりも色が薄く(明るく)なります。

もちろん、仕上げ(塗装)により若干異なりますが、主に紫外線による影響でこのような現象が起こります。

そして、人が触れることで木肌は滑らかになり艶がますことで、よりエイジング好きにはたまらない表情を魅せてくれます(´艸`*)

 

硬さがあり、加工後の狂いも少ない為、家具以外にも楽器やライフルの銃床などにも使用されるウォールナット。

是非、こだわりの家具を選ぶ際は「ウォールナット」を候補の一つに挙げてみてはいかがでしょうか。

※イメージはSOLIDのソファです、木の宝石とよばれるだけあって、美しいその佇まい。 カッコいい|д゚)

2021.11.07 update | BLOG

ウォールナットは宝石?

自分で自分を褒めたいと思います。

年齢が分かってしまうワードでスタートした第5回目、「これさえ知れば、インテリアショップでお買い物が楽しくなる(仮)」。

 

自分で言うのもなんですが、5回目まで続けているとは。

冒頭のセリフを自分に贈ってあげたいです(´っ・ω・)っ

 

さて、5回目となる本日ですが前回の

なら?ホワイトオーク?レッドオーク?



の続き?家具でよく使用されるウォールナットについて書いていきます。

 

では恒例のwikipedia(以下:wiki)から引用した内容によると

クルミ(胡桃、山胡桃、呉桃、英語:WalnutBlack walnut、学名:Juglans)は、クルミ科クルミ属の落葉高木の総称である。また、その核果の種子を加工した食用のナッツを指す。木材としては、英語を片仮名読みしてウォールナットと呼ばれる。

 

となっております。

wikiさんいつもありがとうございますm(__)m

 

私もお店でお客様にご案内する際、ウォールナットっと聞きなれない方も多いようで(。´・ω・)?っとされる方も多いので、その方にはクルミの仲間ですっとお伝えしています。

この「仲間です」というのが一つポイントで、クルミと全く同じというわけではないんですね。



実は家具で使用されるウォールナットは「ブラックウォールナット」と呼ばれるもので、主に北米で採れます。

「ウォールナット」っと検索すると、よく「三大銘木の一つ」と紹介されており、「木の宝石」なんて呼ばれていたりもします。

因みに三大銘木、他の2つは「チーク」と「マホガニー」ですが、今回はこの2つはスルーします(。-`ω-)

 

三大銘木っと聞くと凄い感じがするのは私だけでしょうか⁉

しかしその名に恥じない、素敵な杢目と風合い、そしてエイジング(経年変化)でミゾブチ家具でも大人気の樹種です。

ただ、前回ご紹介したオークと比較すると、価格が少し高くなる傾向にあります。

 

やはり三大銘木…



でも、その価格を出してでも魅力あるウォールナット。

先ほど、お伝えしたエイジングなのですが、ウォールナットは使い込んでいくと新品の時よりも色が薄く(明るく)なります。

もちろん、仕上げ(塗装)により若干異なりますが、主に紫外線による影響でこのような現象が起こります。

そして、人が触れることで木肌は滑らかになり艶がますことで、よりエイジング好きにはたまらない表情を魅せてくれます(´艸`*)

 

硬さがあり、加工後の狂いも少ない為、家具以外にも楽器やライフルの銃床などにも使用されるウォールナット。

是非、こだわりの家具を選ぶ際は「ウォールナット」を候補の一つに挙げてみてはいかがでしょうか。

※イメージはSOLIDのソファです、木の宝石とよばれるだけあって、美しいその佇まい。 カッコいい|д゚)