Enjoy it

2021.07.23 update | BLOG



今日、オリンピックの開会式ですね。

史上初の無観客、一体どのような演出になっているのか楽しみです。

 

コロナで延期、そして1年後も未だ収束しきらず結果、無観客。

五輪ロゴの盗作疑惑に、国立競技場の建て替えにはザハ・ハディド氏の斬新なデザインが選ばれるも白紙に。

その他、挙げればキリのないトラブル続きのTOKYO2020オリンピックパラリンピックですが。

個人的な感想は、起こったことは仕方ない!

この世の中、生きていれば色々あります。

 

ちょっとネット検索をすれば有名人はもちろん、一般人でも個人情報が出てくる可能性もある現代。

ホント怖い(。-`ω-)

 

しかし、これが今わたしたちが生きている紛れもない現実です。

 

私、昭和の終わり頃に生まれましたが、その時代を調べると基本どこでもタバコが吸える時代、電車内はもちろん映画館など今では考えれない場所で当たり前に喫煙が可能で、そしてひどいくらいポイ捨てもあったそうです。

生まれてない時代もあり、流石に幼い私の記憶にはその光景は残っていませんので、「あったそうです」とさせていただきます。

 

そのような時代も経て、今があります。

過去を調べれば直ぐに情報が分かります。※真実かどうかは別として。

 

私が今、書いているブログですがこちらも過去のブログを遡り見返すとまぁ酷い内容だったりします。

今も大概ですが…

 

人の道から外れすぎることは勿論いけませんが、人を陥れるように粗を探すように今の時代を生きるのはなんだか寂しいなと個人的には思うんですね。

なのでTOKYO2020オリンピックパラリンピック、ここまで本当に様々ありましたが、1964年の前回から57年。

勿論は私は生まれていませんし、おそらく私が生きている間に日本で開催される夏のオリンピックとしては最後になる可能性も大いにあります。

 

この素敵なタイミングを素直に楽しみたいなと思っています。

本音を言えば、会場で観戦したかったですが無観客、これも踏まえTOKYO2020の事実。

 

さて、20時はTVの前で観戦だ!

人にやさしい椅子

2021.07.23 update | BLOG,WORKS

先日お届けさせていただきましたダイニングセットです。

 



 

飛騨高山にある、日進木工さんのダイニングセットです。

 

テーブルの高さは、少し低めのH650mmです。

 

チェアの高さも少し低めでSH400mmと座りやすいサイズで作られています。

 

和の感じもしますが、

 

モダンなデザインで飛騨の匠の技が光る逸品です。

 

使う人にやさしいデザインです。

 

肘をあずけられ、立ちやすく、

 

安定感のある座り心地の椅子です。

 

おおきめで、ゆったりしたテーブルに

 

椅子は 2脚でご夫婦でゆったり、

 

食事をしたり、会話を楽しむための空間だそうです。

 

M様、ありがとうございました。

 

デスク お持ちしました

2021.07.22 update | BLOG,WORKS

香川町のT様 ありがとうございました。



 

ミゾブチ家具 オリジナルデスクのH&M

こちらの特長は、成長に合わせて組み換えができる事

 

材質は天板・前板・足など多くの部分で楠無垢材が使われていて、とってもしっかりした造りになっています。

 

 

無垢材にオイル仕上げがほどこされているので、傷がついても簡単にきれいに修理できます。

これなら、使う子供さんもお父さんお母さんも安心して使ってもらえます。



大きくなっても、ずーっと使ってくださいね!

チャレンジ

2021.07.14 update | BLOG

いつかのブログにも同じような内容を書いた気がするのですが、30代後半のわたくし。

 

お客様には「おにいさん」とまだなんとか呼んでいただいておりますが、家庭内でのランク付けは当然のように「おじさん」

息子にも「お父さんはおじさんだよ(´▽`*)」と悪気もなく、屈託の笑顔で言われます。

 

そう、30代後半は立派なおじさんなのです

それは理解しているのでが、お客様にも社交辞令でも「おにいさん」と呼ばれなくなった瞬間、きっと自分の中でショックを受けるのだろうなっと。

 

年を重ねることはとても素敵なことですが、自分に対し努力を怠り、ただ老けていくのは気を付けて、1日でも長く「おにいさん」そう呼んでいただけるよう心も身体もケアしていきたいですね。

 

話は変わり。

最近、忙しい日々が続いていたので子供と「高松ぽかぽか温泉」に行くのですが、そこにちょっとしたボルダリングコーナーを併設していまして。

訪れる度に子供が「登りたい!」と果敢にチャレンジしているわけですが、そこでおじさんが感じたのは子供はもちろん、若い方がよくボルダリングに挑戦している印象を受けます

これは「若さ」=「チャレンジ精神」の方程式なのでしょうか。

いや、チャレンジ精神を忘れないから年齢関係なく若いのか!?



私が感じる若くない方は基本的に無関心、若い方はそのコーナーを見るとテンションが上がっている。

 

もちろんアクティブなゾーンなので、年を重ねた人間にはケガのリスクもあるのである種、大人な判断なのですが。

子供のように「うわぁ⊂⌒~⊃。Д。)⊃」っと無邪気にチャレンジする心もたまには持ち合わせてもいいのかなとこれを書きながらふと思ったり。

皆さんは何かにチャレンジされていますか?

 

チャレンジと言えば、実は今日(定休日)ミゾブチ家具STAFFとSOLIDメンバーでソリッドの売り場を思い切ってディスプレー変更をしております。

2021年9月4日で1周年を迎える「SOLID FURNITURE STORE TAKAMATSU」。

1周年の記念に現在、企画を考えていますので乞うご期待!

運命の出逢い~ザクロの木のアートギャッベ~

2021.07.10 update | BLOG,CARPET,WORKS,ギャッベ

こんにちわ、チーフのミゾブチです。

先日のアートギャッベ展ではたくさんのお客様にご来店頂き、誠に有難うございました。

 

数々の出逢いがありましたが

本日ご紹介いたしますのは運命的な出逢いで嫁いでいった

「ザクロの木のアートギャッベ」をご紹介いたします。

 

こちら  ↓



グッと落ち着いた藍色のベース。

バランスよく織り込まれたザクロの木。

 

ステキすぎる

 

違う角度からのお写真。。。

 



 

TVボードと間接照明、そしてザクロの木のアートギャッベ。

リビングにしっくりくるギャッベをお探しになられていたとの事。

オーナー様のセンス良さに惚れ惚れします

 



 

以前、開催したリサ・ラーソン展でお求め頂いたミアやマックスも

ふかふかのギャッベの上で幸せそうです(^^♪

 

A様、この度はありがとうございます!

とても美しいザクロの木のアートギャッベ、

是非 末永くご愛用下さいませ。

 

 

 

 

Serta(サータ)ってなんですの?

2021.07.08 update | BLOG



今週末からスタートします「サータプレミアムフェア」

業界では「3S」と呼ばれています、ベッドブランドTOP3の一角。

 

Serta(サータ)は1931年にアメリカにて、その歴史をスタート。

最高グレードのコイルからキルトの縫製まで、一切の妥協を許さない品質管理で数多くの一流ホテルがサータのベッドマットレスを採用。

8年連続全米売上No,1を獲得するなど、まさに業界をリードするブランドです。



そして、ここ日本では日本の環境や日本人に適したマットレスをサータがアメリカで培ってきた技術を礎に、日本製(ライセンス契約を結び)で提供しております。

まずサータのマットレスの特徴はコイルにあります。



インチ(高さ)の異なる4種類のポケットコイル、そして更に経線(太さ)のサイズも4種類あり、そのコイルをどう組み合わせ配列していくかで様々な寝心地のマットレスが出来上がります。

もちろん、サータのこだわりはこれだけに留まりませんが、かなりマニアックな内容になっていきますので、ご興味あるかたはイベント会場でお話させていただきます。

 

店頭でもお客様から「ベッドはどう選んでいいのかが全く分からない」という声を多く頂戴します。

相場も分からない、選ぶポイントも分からない、まして3Sなんて聞いたこともない、きっとそういった方も多いかと思います。

 

ご安心ください、期間中週末は専門のスタッフ(サータスタッフさん)が在中しておりますので、その辺りの質問はなんでもお気軽にお尋ねください。

「人生の1/3はベッドの上」といったワードがあるよう、睡眠は人間にとって大変重要です。

今まで何も気にしていなかったそこのあなた、今の寝具に不満のあるあなた。

ぜひ、このタイミングで素敵な睡眠時間を手に入れてください。

アートギャッベのお届け

2021.07.08 update | BLOG,ギャッベ

アートギャッベ展は、

 

たくさんの、お客様にご来店いただき無事終了しました。

 

見に来て良かった、

 

また、見にきたい

 

運命的な出会いができました。

 

とか、色々なお褒めの言葉をいただきました。

 

大変ありがとうございました。

 

先日お届けしてきましたアートギャッベです。

 



 

ギャッベがとても好きな方で

 

玄関/ダイニングセットの下など、色々な所に敷いていました。

 

今回は、リビングのギャッベを、気分を変えたいと

 

購入していただきました。

 

カーテン/ソファ、お部屋の雰囲気に合わせた

 

とっても素敵な、アートギャッベです。

 



 

S様、ありがとうございました。

 

 

オシャレな組合せ

2021.07.06 update | BLOG,WORKS,ギャッベ

こんにちは、今日は先日お届けしました

 

SOLIDソファーと、今回のアートギャッベ展で

 

購入して頂いた、アートギャッベです。

 

シンプルでカッコよく、リラックスしてゆっくりと

 

くつろいでいただけるソファーに

 

合わせていただいたのは、ブルーと、グレーの

 

コントラストが、とても綺麗なアートギャッベです。

 



 

奥様お気に入りの逸品です。

 

お子様も、アートギャッベの踏み心地のよさが気にいったみたいで

 

大はしゃぎでした。

 

奥様には、次回のアートギャッベ展にも

 

期待しています、と言っていただき

 

とても嬉しかったです。

 

高松市の、B様ソファーもアートギャッベも

 

使えば使うほどに、風合いが増していく

 

商品なので、末永くご愛用頂ければと思います。

 

 

 

少し低めなダイニングセット

2021.07.05 update | BLOG,WORKS

こんにちは、

 

先日、お届けしましたダイニングセットを

 

ご紹介します。



 

テーブル、チェアは日進木工

 

ベンチは、飛騨産業の商品です。

 

テーブルは、少し丸みがあり、脚部分に

 

ウオールナットが入っていてアクセントになっています。

 

チェアは、アーム部分が短く出入りが楽にできます。



 

ベンチには、背もたれがついていて

 

背もたれには、自然な風合いをいかすために節が入っています。

 

食事だけでなく、長い時間を過ごしたくなる、ダイニングセットです。

 

お部屋の雰囲気にもすごくよく合っています。

 

センス良くコーディネートされたオシャレな

 

M様宅でした。

 

Ⅿ様撮影にご協力いただきありがとうございました。

 

グリーンのアートギャッベ

2021.07.02 update | BLOG

溝渕弘起です。

 

グリーンのアートギャッベが、床の色・ブラックチェリーの家具によく似合っています。

 



実は、リビングには、先日納入させていただいた、

ブラックチェリーのソファー・TVボード・ダイニングセットを揃えて頂いています。

 

既に、ブラックチェリーの木の色と床材、ソファーやダイニングチェアーの張り地で

いい感じのリビングになっていました。

 

しかし、と言っていいのでしょうか

そんなお部屋にグリーンのアートギャッベが。

このグリーンが、リビングのアクセントになり

お部屋の色合いがもっと良くなった気がします。

 

お部屋には、一色、差し色のようなアクセントが必要ですね。

 

 



 

改めて、いい感じです。

 

 

PS

屋島のT様、いつも、とってもおいしいパンをありがとうございます。

 

 

 

ビジャール絨毯

2021.06.30 update | BLOG,CARPET,WORKS

こんにちわ、チーフのミゾブチです。

またまたお客様より素敵なお写真を頂きました!

こちら  ↓



 

ビジャール絨毯!

美しい✨

 

イラン北西にある都市、ビジャールで織られた絨毯です。

織りの結び目が大変細かく、強くかっちりと織られていて

「鉄の絨毯」と呼ばれるほど丈夫な絨毯です。

 



 

愛らしさと上品さを兼ね備えたビジャール絨毯。

ナチュラルモダンのお部屋にしっくりと落ち着いています。

 

ギャッベ達とも相性ばっちりです♪

 

S様、この度はミゾブチ家具とご縁をいただきありがとうございます!

どうぞ末永くご愛用下さいませ。

 



 

アートギャッベ展、ただいま準備中。

2021.06.25 update | BLOG,ギャッベ

朝の快晴がうそのようなゲリラ豪雨に見舞われている現在の高松市。

しかし、安心してくださいアートギャッベ展の設営、着々と進んでおります。

 

去年からこのような状況下でなかなかイベントが難しい日々が続いておりますが、ワクチンや予防対策もしっかり行いつつ上手に楽しんでいきましょう(`・ω・´)ゞ

さて、気になる会場の様子はといいますと…

 

こちらです!ほぼゴールが見えてきた状況に。



ミゾブチ家具の1F売り場がアートギャッベ一色に。

小さなサイズはミニサイズ(小さな座布団サイズ)から、大きなサイズは6畳間を敷き詰めるほどの大きさのものまでバリエーション豊富におよそ300枚ほどご用意しております。

 

毎回、人気のサイズは玄関サイズとラグサイズですね。

ギャッベに興味があるけど、いきなり大きなサイズは… と言う方にオススメなのが玄関サイズ!

ほぼ毎日、人が出入りする玄関のお供にアートギャッベは相性バツグンです。

汚れに強く、踏みごこちが良い、そして様々な柄やデザインも一つ一つに意味を持っており、各ご家庭にあったデザイン(文様)のものをセレクトし玄関で「いってきます」「ただいま」と家族を見守る大切な存在になること間違いなしです(´▽`*)



そして、やはり絨毯として一番人気のサイズはやはりリビングでしょう。

と言う事でラグサイズは欠かせません!

 

先ほどの玄関サイズからデビューされた方は、アートギャッベの魅力を体感され、ラグサイズなど主要なサイズへステップアップされる方も多いですし、スタートから「せっかくだし大きなサイズにしよう!」と言う方もいらっしゃいます。

やはりあのふかふかで気持ちのいいアートギャッベの上で過ごす時間は至福です(´▽`*)



一人でのんびり寛ぐのもよし、家族で一緒に過ごすのもよし、玄関サイズ同様に好きなデザインやカラーを選んで素敵なアートギャッベのある暮らしをはじめてみませんか。

 

ミゾブチ家具で取り扱っておりますギャッベは「アートギャッベ」と称され、世に出回っている様々な品質のギャッベの中でも最高峰の品質と高いデザイン性を誇るものとなっております。

昔の伝統の方法と変わらず、ウールを紡ぎ、草木で染色し、現地の織子さんが手で織っていく。

とても手間のかかる工程ばかりですが、これこそが本来のギャッベであり、だからこそギャッベなのです。

 

ぜひ本物のギャッベをご体感ください。

イベントの詳細は下記のイメージをクリック。