家具の塗装は?

2021.10.21 update | BLOG

三回目となる「これさえ知れば、インテリアショップでお買い物が楽しくなる(仮)」

第一回目

一枚板ですか?接ぎですか?



第二回目

無垢?突板?



とお話させていただきました。

今回は家具の塗装についてお話いたします。

実は以前に何度か書いたことがあるので、もうご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、よろしければ復習だと思いお付き合いください。

 

では、まず家具の塗装(仕上げ)にはどのようなものがあるか。

オイル、ウレタン、ソープ、ラッカー、漆など市場には様々あります。

無塗装の家具もあったりします。

 

ミゾブチ家具で主に取り扱っているのは「オイル」と「ウレタン」になります。

全ての仕上げ方法について掘り下げていくと長編になってしまいますので、今回は上記の2つについてお話します。

 

まず、オイル仕上げとは。

天然の植物性オイルを主原料とした塗料になり、人体に比較的優しい塗料です。

「オイル仕上げは舐めても大丈夫」という説明をされているところもありますが、オイル仕上げの塗料にも様々あり、あくまで主原料は天然の植物性オイルですが、商品によっては乾燥剤や着色されているものもありますのでお気を付けください。

 

もちろん〇〇油100%で仕上げている家具もありますので、各メーカーをひっくるめて比較的人体に優しいという表現にしております。

因みどのような油があるかというと亜麻仁油、オレンジ油、蜜蝋、ひまわり油など、たくさん種類があります。

 

私の感覚ですが、一般的に多いのは亜麻仁油が使われているイメージですね。

個人的にはオレンジ油を使用したオイルは爽やかな柑橘系の香りがして好きです(*´▽`*)

なんだかマニアックな内容になってきたので修正、修正。

 

では「オイル仕上げ(オイルフィニッシュとも言います)」のメリット、デメリットについて説明していきます。

まずはメリットは、

1)人体に優しい塗料であること

主成分は天然の素材なので、他の塗料と比較すると安心感は違いますね!



2)自身で手入れ(アフターケア)が可能である。

これは、好き嫌いになると思いますが汚れたり、小傷がついた場合に紙やすりを使って木部を研磨し、その後にオイルを塗装するといった工程でご自身で手入れをすることが可能です。

所謂、DIYですがお気に入りの家具を愛情をもってケアすることで長く愛用できるというわけです。

ただし、研磨は気になった時だけでいいですが、オイルは定期的に塗る必要があります。



3)エイジング(経年変化)

時と共に樹種によっては色が変わったり艶が増したり、小傷などもヴィンテージ家具のように雰囲気がでやすいです。



それではデメリットは何か?

1)傷や汚れ、水分に弱い。

油分で塗膜をはり、汚れや水をはじくのですが、やはりウレタンと比較するとこの点は劣ります。

グラスの水滴、輪ジミで比較実験をしているサイトも多いくらい、この点はポイントにされます。



2)定期的な手入れが必要。

メリットにあげた自身で手入れが出来るポイントも、DIYが嫌いな方には逆にデメリットにもなってしまいます。



メリット、デメリットもその方の好みによって異なってしまいますが、以上がオイル仕上げの家具になります。

インテリアショップの私はもちろんオイル派です(。-`ω-)

 

では、ウレタン塗装についてご説明します。

ウレタンとは、カルボニル基を介してアミノ基とアルコール基が反応し、アミンの窒素とカルボニル基の炭素の間で新たな共有結合を形成した化合物である。※Wikipediaより引用

よく分かりませんね(。´・ω・)? まぁ難しい話は置いといて、外壁などにも使用されているウレタン塗装は低価格でありながら一定の耐久性をもつ塗料として重宝されていました。

 

オイル塗装とは異なり、このウレタン塗装は顔料・添加剤・溶剤・ウレタンで構成され、それで汚れや傷から家具を守ります。

ただし、完璧に守れるわけではないのでご注意を!

 

ウレタン塗装の家具と聞くと、昔はやたら艶々しているイメージでしたが最近では正直オイル仕上げの家具と比較しても一般の方は見分けがつかないほど、ナチュラルに仕上げているブランドもあります。

それではウレタン塗装のメリット、デメリットは何か?

 

メリットは

1)価格を抑えれる。

これは各ブランドの製造方法によっても異なるのですが、一般的にはウレタン塗装の家具の方がリーズナブルに価格設定をされているところが多いです。



2)メンテナンスが簡単。

オイル塗装と比較した際、日々のお手入れが簡単です。

一般的にはテーブルなどであれば布巾で拭くくらいですから、ほぼ何もしません。と言いますか、出来ないというのが正しいかもしれません。



デメリットは

1)小傷が目立ちやすい。

これは例えば車のドアノブをイメージしていただける分かりやすいかと思います。

新車の際はもちろんピカピカですが、ドアを開け閉めする度に小傷が蓄積され、気が付けば傷が気になる…

といった感じで、流石に車のドアノブほど傷がつく環境ではないと思いますが、ウレタン塗装は傷が絶対につかないわけではなく、塗装で守っているのでその塗装の上から傷がつくと目立ってしまいます。



2)傷や汚れが蓄積されても基本的には自身で手入れが難しい。

オイル塗装は紙やすりでっとお伝えしましたが、ウレタンは一般の方が綺麗に剥がそうと思うとなかなか難しい作業になります。

安易にやすり掛けをすると逆に傷になる場合も!

 

3)アフター費用が高くなる可能性がある。

上記の続きですが自身でケアすることが難しいウレタン塗装を綺麗に直したいとなると、プロにまかせるのが一番です。

しかし、そうなるとセルフケアと比較すると修理費用が高額になってしまいます。



といったところでしょうか。

どちらもメリット、デメリットがあり、ご自身のライフスタイルに合わせてお選びください。

※写真は全てイメージです、実際の状況とは異なります。また今回、ご紹介したメリットデメリットにつきましても状況によりそれぞれ異なります。

 

以上が仕上げ(塗装)、オイルとウレタンについてでした。

それではまた次回、お会いしましょう(`・ω・´)ゞ

 

 

 

 

 

 

 

 

お部屋を軽快な空間へ

2021.10.19 update | BLOG

今日は、どんなお部屋の雰囲気にも合わせやすい

 

TVボードをご紹介します。

 



 

カッコイイ木目なブラックウォールナット

 

やさしい木目なタモ材で2トーンで仕上がっています。

 



 

角が丸みを帯びて可愛く、お子様がいても安全です。

 



 

引き出しも2段になっていて収納力にも優れています。

 



 

引き出し内部は桐材になつています

 

細身なすっきりとした脚になっているので

 



 

お部屋に置いたときに軽快な、印象をあたえてくれます。

 

サイズ違いもありますので、気になる方はお気軽に

 

スタッフにお聞きください。

 

展示中の商品は150㎝巾です。

 

サイドボードも同じデザインでそろうのも人気の高い理由の一つです。

 

無垢?突板?

2021.10.14 update | BLOG

はい、前回の

一枚板ですか?接ぎですか?



の続きとなる今回は

「無垢?突板?」をテーマに書いていきたいと思います。

 

私もこの業界に携わるまで気にしたこともなかったですし、突板(つきいた)も「とっぱん?」と読むレベルでした|д゚)

おそらく世間一般の方々もご存じない方も多いかと思いますので、どうぞご覧ください。

 

まずは無垢(むく)のデスクと突板のデスクの実物をご覧ください。

※上のイメージが無垢で、下が突板です。



木材はどちらもウォールナットで、一見すると同じように見えますが天板の角をよーく見ると…

 

突板のデスクは角が剥がれているのが分かります。

勘がいい人はもうお分かりかと、無垢は木をそのまま使用したものを指し。※前回の「一枚板ですか?接ぎですか?」に掲載していたテーブルはどもちらも無垢です。

突板は芯材(ベースとなる部分)の上に木を薄くスライスしたシートを張りつけて人工的に作った材です。

この工程には若干の仕様差がございますが、人工材をベースに本物の木をスライスして作っているのでパッと見、無垢材に見えるように作ったものが「突板」と考えてください。

 

互いのメリット、デメリットをお伝えすると。

まず無垢のメリットは

・エイジング(経年変化)を楽しめる。※仕上げの方法により異なる

・ケアが出来るので、永く愛用できる。

デメリットは

・突板と比較すると高価。

・重量がある。

・ケアをする必要がある。

・木の割れや反りが起こる可能性がある

 

そして突板のメリットは

・無垢と比較すると価格がリーズナブル。

・比較的軽い。※芯材によっては重たいものあります

・ケアがあまり必要ない。

・綺麗な杢目を作りやすい。

デメリットは

・最初のイメージ写真にもあったように、使用しているうちに張っているシートが剥がれる(削れる)。

・エイジング(経年変化)が少ない。

・深い傷がつくと芯材がみえてしまう。

 

といったところでしょうか。

どちらが良い、悪いというわけではなく。

各ご家庭においてここは無垢の家具、突板の家具と使い分けていただけたら思います。

 

また、突板とは別に木目や木の色を印刷したプリント紙などを張る、完全に人工的に仕上げた材もあります。

こちらになると更にリーズナブルで、木目調のカラーボックスなどをイメージしていただけると分かりやすいかと思います。

 

細かく分類するとまだまだあるのですが、基本となる「無垢」「突板」か、この2つを覚えておけば家具を選ぶ際に役立つはずです!

例えばダイニングテーブルは傷や汚れやすい家具なので無垢を、綺麗な杢目で美しい家具を演出したい箱物(チェストやボード類)は突板といったように。

 

杢目や仕上げの話もしましたが、最終的には手掛けた職人さんによって大きく異なります。

無垢でも正直、美しい杢目を選び丁寧に仕上げた物、コスト重視で木を切って乾燥もちゃんとせずに杢目も選別しないで製品化した物。

もちろん突板も同じです。

素材はもちろん大切ですが、最後は人の手によって完成しますので。



本日書いた内容はあくまでも参考程度にしてください。

やはり実物をご自身の目で確認して、確かな家具をお選びください(`・ω・´)ゞ

 

さて次回は何をテーマにしよう…

Cash payment

2021.10.11 update | BLOG

物価がどんどん高くなっていますね。

社内でも、最近その話をよくします。

 

実は家具業界もこの秋から各社、値上げがはじまっています(;゚Д゚)

値上げに関してはこの業界に限らず、飲食やガソリンやら家計が…



もちろん各企業の方々も簡単に値上げを決断しているわけではなく、世の中の動きにあわせ苦肉の決断なんだろうと感じます。

例えばPayPay。

10月から企業側(店舗)に手数料有料化を開始。

私はもうすっかりPayPayユーザーなので、今まで当たり前に使用できていたお店が10月1日から、PayPayの使用を中止にしたというところをもういくつも見ました。

 

キャッシュレス化の波は企業側にとって手数料という大きな壁が待ち受けているのでしょう。

経費を抑え、高品質低価格の提供を求められる企業側。

各社、生き残りをかけキャッシュレス手数料を削り、利益を確保しているようです。

 

某サイトの調べによると、PayPayを導入している企業のオーナーへ10月1日以降はどうするか?という質問に対し。

37%は継続、今すぐ解約したいが4.2%、そして無料期間(店舗還元キャンペーン)が終了するまでは利用を考えている17.6%という結果になったそうです。残りはどちらとも言えない41.2%。

 

手数料がかかると21.8%の企業はやめようと考えている結果に。

果たして、キャッシュレス化はこれからどうなっていくのか。(ノД`)・゜・。

今後の企業の動向に注目です。



尚、ミゾブチ家具は継続してPayPayご利用いただけます。

また新たに楽天Payも導入いたしましたので、楽天Payをご利用の方は仰ってください(´ー`)

 

キャッシュレス化に慣れてきて、現金をほぼ使用しなくなっていたので財布を11年ぶりに新調したのに、PayPayが使えないお店が増えて、支払い時に若干困っている私でした(ノД`)・゜・。



 

アクセント、素敵です。

2021.10.09 update | BLOG,SOLID,WORKS

本日の納品事例もこちら、SOLIDで大人気のソファ。

ただ、ここ最近の納品事例を見てみると帆布生地の組み合わせが意外と少なく、アレっ(。-`ω-)

と思いましたので、ご紹介です。



木部はウォールナット、そしてファブリックは帆布のネイビー。

実はSOLIDで使用しているこちらの帆布は倉敷の職人さんによって手がけられた生地です。

耐摩耗に優れ、エイジングが特に楽しいこちらの生地は男性の方に人気ですが、実は女性の方からの人気も一定数あります。

今回のお客様も女性の方でお昼寝も出来るソファをお探しという事でしたので、奥行きの深いタイプをオススメさせていただきました。

実はこちらのシリーズ、横幅を選べるソファは一般的に多いのですが、奥行きもお選びいただけます。

 

なので、背の高い方や今回のお客様のようにソファで寝ることが多い方にもオススメです(´ー`)

今回、ソファの購入にあわせカーテンもオーダーされたそうで、ファブリックのネイビー、カーテンのアイスブルーと同系色に上手にまとめていました。

 

白い壁紙にナチュラルの床材。

おそらく最も多い壁と床の組み合わせだと思いますが、こういった優しい印象のお宅にウォールナットの家具でアクセントをつけるのもオススメです。

ナットと帆布、カッコいい組み合わですね。

是非、参考にしてください(´▽`*)

新商品入荷のお知らせ

2021.10.09 update | SOLID

人気のSOLIDオリジナルSlippersに

ワックスレザー仕様が仲間入りいたしました!



 

ワックスレザーはオイルをしみ込ませたしなやかな革。

表面にワックス仕上げをしているため、少しだけ艶感のある表情です。



 

革本来の風合いと経年変化をお楽しみいただけます。

 



 

Mens(26~27cm)とLadies(23~24cm)をご用意。



 

カッコいいSOLIDオリジナルスリッパ

おススメです♪

 

 

一枚板ですか?接ぎですか?

2021.10.08 update | BLOG

先月、開催した「SOLID STORE TAKAMATSU 1周年フェア」。

そこで行った「メンテナンス講習会」にてご参加いただいた皆様はじめ、多くの方に家具の手入れをする意識が芽生えたような気がします。

 

と言いますのも、アフター(手入れ)について、以前よりも多くのご質問を受けるようになりました。

「紙やすりは何番を使ったら良いのか?」

「我が家の家具は何塗装なのか?」

「レザーのケア方法を知りたい。」

などなど。

 

興味を持っていただいているようで、嬉しいあまりです(*´▽`*)

私共、全ての知識において完璧ではございませんが今までの経験や培ったノウハウでお伝えできるところ、出し惜しみせず全てお伝えいたしますので是非、お気軽にご相談ください。

過去のブログにもいくつか記載しておりますので、是非ご覧ください。

レザーについて考える vol.1「皮? 革?」



さて、そんなメンテナンスについて、今回は基本だけど知っておくとドヤ顔が出来るお話をさせていただきます。

まず、ミゾブチ家具でメインに取り扱っている家具は「木の家具」です。

 

木かそれ以外かどうかは、ほとんどの方が見て分かるかと思います。

ただ、それがどのような仕様なのかをご理解されていない方も少なくないのでは(。-`ω-)

 

今更聞けない、「木の家具」。

どんなモノがあるのでしょうか。

 

私が店頭でご案内していると、お客様が最も勘違いされているワードが「一枚板」です。

先に書きましたが、ミゾブチ家具に展示している家具は木の物がほとんどです。

 

そこで、「素敵な一枚板ですね。」「一枚物ですか?」と尋ねれる方が少なくありません。

私どもが指す一枚板とはこちらです。



オーナーが真剣な眼差しで板を選んでいますが(。-`ω-)

お分かりいただけますでしょうか。

丸太を乾燥、適切な処理を行い、板にしたものが一枚板です。

一方、よくお店で目にするのがこちらですね。



天板を良く見比べると一枚板でないテーブルは何枚かの木材を合わせています。

杢目が違うのが分かりますね。

これを「接ぎ(はぎ)」と言います。

無垢(本物)の木を丸太の状態(一枚)で手掛けたものが一枚板。

その丸太を切って、ホームセンターなどで目にする角材に加工して接ぎあわせた物が、接ぎテーブルです。

 

どちらも無垢の木ですが、やはり一枚物の方が価格は高価になります。

皆さんがイメージする「木です!」っという感じが、一枚板の方がしますよね。

 

「木」感に拘りたい方は一枚板を、無垢で十分という方は接ぎを。

お店に行った際、「一枚」か「接ぎ」かこれだけ知っていても店員さんの応対は変わるかもしれません|ω・)チラ。

因みに補足として接ぎ合わせた枚数によって〇枚接ぎなど呼ぶこともあります。

 

上記のイメージだと5枚ですかね、一番奥側にもう一枚あるようにも見えますが…

まぁ5枚だとして、こちらのテーブルは5枚接ぎのダイニングテーブルと言うことになります。

 

無垢の木で出来たテーブルを一枚板と呼ぶのではなく、このように様々な仕様がございますので是非覚えてください。

実はまだまだ細かくあるのですがそれは次回。

 

では次回は今回、何度か出てきた「無垢」についてお話したいと思います。

このシリーズを最後まで読めば、お店に行った時にドヤ顔が出来ます(。-`ω-)

 

今日は一枚板と接ぎ(はぎ)の話でした。

新作入荷

2021.10.05 update | BLOG

こんにちは、今日は新しく入荷してきました

 

リクライニングチェアをご紹介いたします。

 



 

シンプルで、柔らかなフォルムのデザインです。

 

体重移動だけで、簡単スムーズにリクライニングします。

 



 

ヘッドレスト部分も稼働可能になっていて

 





長時間の、読書やテレビ鑑賞をするのに最適チェア

 

クッションがカバーリングタイプになってお手入れも簡単

 

お部屋、身体のサイズに合わせてサイズがえらべます。

 



 

大人の時間を過ごすための、マイチェアに選んでいただきたい商品です。

 

ミゾブチ家具、1階に展示中です。

 

お気軽に、お試し下さい。

 

お待ちしております。

 

モノから、コトへ。

2021.10.04 update | BLOG



「世代を超え、愛される家具へ」

もうお馴染みのワードですね(`・ω・´)ゞ

 

ミゾブチ家具(SOLID)の面接試験があったらコレが答えれないと…

それは言い過ぎですが、実は最近こんな出来事がありました。

 

以前にSOLIDの家具をとても気に入っていただき、家具をご購入いただいたとあるお客様。

その方が先日、家具のメンテナンスキットをお求めにご来店くださりました。

ただ、その方のお宅は県外で、高速道路を使っても時間がかかる距離。



「世代を超え、愛される家具へ」になる為にメンテナンスは必須であり、弊社の家具を購入検討されている方へは事前にそれをお伝えするのですが、正直メンテナンスキットだけを買うために、県外まで私は行かないかもしれません|д゚)チラっ。

 

逆を言えばですよ、メンテナンスキットをご購入の為に遠路はるばるお越しいただけるほどSOLIDの家具を大切にしていただいている!

なるほど、ポジティブシンキング(。-`ω-)

 

実は今回のブログの本質はそこだけではなく、実はそのお客様がご妊娠されたという報告!

めでたい!本当におめでとうございますm(__)m

まさに「世代を超え、愛さる家具へ」の第一歩です。



もちろん、「世代を超え」という点はものの例えで、永く愛される家具をご提案する為につくり手はじめ私たちに何ができ、何をすべきかと問う為のワードであり、それをお客様(ユーザー)にも問う意があります。

 

いちインテリアショップのスタッフとお客様という関係、従業員とお客様。

そこにはそれ以上もそれ以下もないかもしれませんが、このように遠路はるばるお越しいただき、ご挨拶(ご報告)していただける。

こだわって真剣に家具に向き合えば、そこには

「従業員とお客様の関係を超え、愛される家具へ」の方程式が成り立つのかもしれません。 言い過ぎか…

 

少しづつ社歴を重ねると実はこのような嬉しい出来事が少しづつ増えてきます。

最初は一人暮らしを始める為の家具を、そして結婚するから、子供が生まれ、新築などなど。

 

それぞれの方のヒストリーが当然あり、それは親兄弟や友人など大切な誰かと共有し分かち合う。

そんなかけがえのない、大切な瞬間にいちインテリアショップの私にご報告(共有)いただける。

 

最初は普通に家具を探しにいらっしゃったところからはじまり。

 

「結婚したんで挨拶にきました。」

「実は子供が出来ました!」

「今日は子供の勉強机をね。」

 

さすがに「その子(子供)が結婚するんで、その家具を」という社歴まで重ねていないので、その経験はまだないのですが。

いつかそんな報告をしていただけたら最高なんだろなっと。

 

「(モノを売るから、コトを売る)ことを考えな。そしたら、仕事に対する価値観がかわるから。」と前職の上司によく言われたものです。

先輩、この年にして少しそれが分かってきた気がします。

 

「世代を超え、愛さる家具へ」

まだまだその道ははじまったばかりですが、皆様どうぞこの長い道のりにお付き合いくださいm(__)m

 

皆様どうぞお幸せに(*´▽`*)

中秋の名月

2021.10.03 update | BLOG



いきなりですが、iPhoneのカメラは十分凄いです!

先日、13が発売されましたが私は12を愛用しています。

そうあの3つ目レンズ(。-`ω-)

ジョブズが生きていたら、このデザインをなんと言うのだろうか…

 

ただ、カメラとしてのスペックは十分に凄いです。

しかし!一眼レフを愛用している私はです、昭和生まれの古いマインドの持ち主の私はです。

やっぱり一眼の魅力には勝てない!という事です。 ※あくまで個人の意見です。



いくら簡単にボケが撮れたって、レンズ交換せずとも広角が撮れたって…

なんて便利なんだ(ノД`)・゜・。

 

それでも一眼レフが好きなんだ!

 

会社でSONYのα7シリーズ(フルサイズミラーレス)を経費で購入してもらって、あの軽さとコンパクトさ、更にAFに感動してもやっぱりあの重くて無骨なレフ機が好きなのだ(´Д⊂ヽ

 

いまは便利な世の中ですが、少し不便なくらいの物が昭和生まれの私には性に合っています。

三脚準備して、一眼レフで先日の中秋の名月を撮影してみました。

久々の月撮影に露出設定に少し手間取ったのはここだけの秘密で|д゚)



月を愛で、団子を頬張る。

皆さんは中秋の名月を楽しみましたか。

 

こういった現代だからこそ、季節や行事を大切に上手に暮らしてみたいものです。

 

1セット限り!

2021.10.02 update | BLOG

こんにちわ、チーフのミゾブチです。

本日はお買い得情報をお届けいたします!

メーカーの仕様変更や価格変更などに伴い

展示品限りのお買い得商品をご紹介いたします。

こちら  ↓



ダイニング5点セット/ウォールナット無垢材

¥115,500税込

テーブル150㎝巾、椅子4脚のセットです。

 



 

天然木の木目が美しい。

 

4人家族にお勧めのサイズです。

椅子は軽量、座面が合成皮革なのでお手入れも楽々!

ガンガン水拭きできます。



展示のみの1セット限りとなりますので

家具の買い替えなどご検討の方や、こちらのセットが気になる方は

是非お早めに♬

 

 

 

 

お孫さんを見守る椅子

2021.09.28 update | BLOG,WORKS

こんにちわ、チーフのミゾブチです。

お客様より素敵な画像が届きました!

こちら  ↓



 

かわいい!

飛騨の家具とアートギャッベ♬

 

もうじきお孫さんがお生まれになるO様。

お孫さんたちが来られた時に腰かけて見守るための椅子。

 

座面も広めで胡坐もかけちゃいます。

お孫さんを抱っこしたままゆったりと座れます。

そして椅子全体に丸みがあり、万が一「ごつん」した時も大丈夫なように・・・

 

お孫さんと過ごす時間を色々と思いながら選ばれた椅子。

 

家具選びにも誰かを思いながら選ぶって

とても素敵♪

 

O様、いつもありがとうございます!

どうぞ末永くご愛用下さいませ。