レザーについて考える vol.1「皮? 革?」

2020.10.08 update | BLOG

とうとう「かわ」について書くときがきました(`・ω・´)ゞ

 

何故か?

 

それはご存知、【SOLID FURNITURE STORE】のテーマが

ということでSOLIDの家具は総無垢材を使用し、その経年変化を楽しもうという考えから、張地も帆布やレザーといったエイジングを愛でるものを採用しております。

 

経年変化(エイジング)で、多くのお客様がイメージされるのがやはり、レザー!

殆どの方がなにかしらの革製品を使用したことがあるのではないでしょうか。

しかし、使ったことはあるもののイマイチその違いが分からないというお声も多く頂戴します。

 

私もレザー好きの方すれば赤子同然…

ですが、拙い情報でも少し革製品について知っておくと今後、楽しめる。

自分が持っている物が少し愛おしくなるはず!

というわけで、少しお話させていただきます(´っ・ω・)っ

※ここからは説明が間違っている場合がございますが、レザーマニアの方のツッコミはお控えくださいm(_ _)m

 

先ずタイトルにもある「皮」、「革」についてですがどちらも動物の皮膚であり、加工されているかどうかの違いです。

因みに未加工が皮(skin)

加工されているのが革(leather)」となります。

ですので革製品とは加工されている物になります。

それくらいは分かるは!っとツッコみがありそうですが大切な情報なので(。-`ω-)

 

ではなんとなく耳にするタンナーとは何なのか?

タンナーとは「皮」を「革」にする方々です。

所謂、皮革製造業者ですね。

 

ご飯屋さんでも同じ食材を使っているのに、味が全く違う!という事があるようにタンナーで革の良し悪しに差がでます。

レザーと聞くと海外のイメージが強いかと思いますが、日本にも有名なタンナーがございます。

 

栃木レザー】 http://www.tochigi-leather.co.jp/

※イメージはWEBより引用

革製品のことあまり詳しくない…という方でも耳にしたことがあるのではないでしょうか?

日本を代表するタンナーです。

因みに「栃木レザー」は栃木県栃木市にある、株式会社で企業名です

 

続いて、

姫路レザー

こちらは姫路エリアのいくつものタンナーによってつくられる革を総じて「姫路レザー」と呼びます。

お互い地名が付いた名前なのに、片や一つの企業で片やその地方全体と紛らわしいですね(;´・ω・)

 

因みに

新喜皮革https://shinki-hikaku.jp/



※イメージはWEBより引用

こちら、兵庫県姫路市にあるタンナーですが、世界屈指のタンナーとも呼ばれています。

姫路エリアのタンナーを総じて姫路レザーと呼ぶなか、なぜ有限会社新喜皮革だけ世界屈指のタンナーと呼ばれるのか?

それは馬革専業のタンナーとして世界屈指なのです!

あっ、なんかややこしくなってきた(。-∀-)と思っていませんか、そこのあなた。

 

動物の皮なので牛や馬、羊など様々な種類の皮があります。

なのでタンナーによって様々なのです。

ただ、日本では【栃木レザーVS姫路レザー】の構図をよく目にします。

どちらも素晴らしいタンナーですし、さきほどの新喜皮革ではないですが、それぞれにこだわりがあります。

 

そろそろ集中力が切れてきた頃ではないですか?|д゚)

それでは、本日はこのあたりにしましょう。

ご興味のある方はまたブログを覗いてください。時間がある時にvol.2として更新させていただきます。

 

皮から革へ。

ではどのように変わるのか、乞うご期待。

 

レザーについて考えるvol.2「鞣す」

2020.10.08 update | BLOG

レザーについて考える vol.1「皮? 革?」

とうとう「かわ」について書くときがきました(`・ω・´)ゞ

 

何故か?

 

それはご存知、【SOLID FURNITURE STORE】のテーマが

ということでSOLIDの家具は総無垢材を使用し、その経年変化を楽しもうという考えから、張地も帆布やレザーといったエイジングを愛でるものを採用しております。

 

経年変化(エイジング)で、多くのお客様がイメージされるのがやはり、レザー!

殆どの方がなにかしらの革製品を使用したことがあるのではないでしょうか。

しかし、使ったことはあるもののイマイチその違いが分からないというお声も多く頂戴します。

 

私もレザー好きの方すれば赤子同然…

ですが、拙い情報でも少し革製品について知っておくと今後、楽しめる。

自分が持っている物が少し愛おしくなるはず!

というわけで、少しお話させていただきます(´っ・ω・)っ

※ここからは説明が間違っている場合がございますが、レザーマニアの方のツッコミはお控えくださいm(_ _)m

 

先ずタイトルにもある「皮」、「革」についてですがどちらも動物の皮膚であり、加工されているかどうかの違いです。

因みに未加工が皮(skin)

加工されているのが革(leather)」となります。

ですので革製品とは加工されている物になります。

それくらいは分かるは!っとツッコみがありそうですが大切な情報なので(。-`ω-)

 

ではなんとなく耳にするタンナーとは何なのか?

タンナーとは「皮」を「革」にする方々です。

所謂、皮革製造業者ですね。

 

ご飯屋さんでも同じ食材を使っているのに、味が全く違う!という事があるようにタンナーで革の良し悪しに差がでます。

レザーと聞くと海外のイメージが強いかと思いますが、日本にも有名なタンナーがございます。

 

栃木レザー】 http://www.tochigi-leather.co.jp/

※イメージはWEBより引用

革製品のことあまり詳しくない…という方でも耳にしたことがあるのではないでしょうか?

日本を代表するタンナーです。

因みに「栃木レザー」は栃木県栃木市にある、株式会社で企業名です

 

続いて、

姫路レザー

こちらは姫路エリアのいくつものタンナーによってつくられる革を総じて「姫路レザー」と呼びます。

お互い地名が付いた名前なのに、片や一つの企業で片やその地方全体と紛らわしいですね(;´・ω・)

 

因みに

新喜皮革https://shinki-hikaku.jp/



※イメージはWEBより引用

こちら、兵庫県姫路市にあるタンナーですが、世界屈指のタンナーとも呼ばれています。

姫路エリアのタンナーを総じて姫路レザーと呼ぶなか、なぜ有限会社新喜皮革だけ世界屈指のタンナーと呼ばれるのか?

それは馬革専業のタンナーとして世界屈指なのです!

あっ、なんかややこしくなってきた(。-∀-)と思っていませんか、そこのあなた。

 

動物の皮なので牛や馬、羊など様々な種類の皮があります。

なのでタンナーによって様々なのです。

ただ、日本では【栃木レザーVS姫路レザー】の構図をよく目にします。

どちらも素晴らしいタンナーですし、さきほどの新喜皮革ではないですが、それぞれにこだわりがあります。

 

そろそろ集中力が切れてきた頃ではないですか?|д゚)

それでは、本日はこのあたりにしましょう。

ご興味のある方はまたブログを覗いてください。時間がある時にvol.2として更新させていただきます。

 

皮から革へ。

ではどのように変わるのか、乞うご期待。

 

レザーについて考えるvol.2「鞣す」