未来について子供から教わる事

2020.08.26 update | BLOG,SOLID

突然ですが皆さん、資源を大切にしていますか?

一言に「資源」と言っても様々ありますね。



実は先日、我が家の夕食時の会話でこのような事がありました。

 

4歳の息子が

「保育園でお水を出しっぱなしにしている子がいたから、〇〇(息子の名前)が止めたんだよ!」っと。

 

我が家では子供に、「お水を出しっぱなしにしたら、お風呂の水やトイレの水が出なくなる(使えなくなる)んだよ(`・ω・´)」と常に教えており。

そのおかげ?そのせい?でどうやら息子は園で水を出しっぱなしにしている子がいると自分で止めるという事しはじめたようです。

もちろん、ちゃんと水を止める子もいたり、我が子のように止めてあげる子もいるそうです。

 

まぁ、息子が水を止める理由は「保育園のプールの水がなくなるから!」だそうですが(。-∀-)

 

理由はともあれ、資源を大切にするというコンセプトは間違っていないのでその時、息子をしっかり褒め、これからもその行動を続けていくよう話ました。

大人になると他人が隣で水道の水をどんどん流していても注意することもなければ、止めることをする人は私が知る限りでは、まぁほぼほぼいないかと思います。

子供に教えているつもりが、改めて自分も教わっているということが最近よくあります。

 

近年ではエコからSDGsなど、未来の環境を考えた取り組みが本当に身近になってきました。

私たちミゾブチ家具でも、10数年前から環境に配慮し、簡単に使い捨てる家具ではなく、一生いや次の世代まで愛用いただける確かな家具のご提案に少しづつシフトチェンジしていきました。

 

お陰様で少しづつ県内の皆様からもそのようなお店だと認知いただけるようになり、良いものを長く愛用したいというお客様に支えていただいております。

そして、更にその思いは強くなり、この度の9/4よりOPENいたします【SOLID FURNITURE STORE】のコンセプトは「世代を超え、愛される家具へ」と題し、一生ものから次の世代へも愛される家具を目指しデザイン、制作に取り組んでおります。

100%総無垢材を使用することでメンテナスも可能となり、長くその家具を愛用することで資源である「木」、自然を守ることにも繋がります。



もちろん、「SOLID」の魅力はそれだけではなく様々ありますが、その続きは店頭でゆっくりと。

 

子供から改めて教わった今回の資源を大切にすること。

自分達が皆様へご提案させていただくコンセプトとリンクし、つい今回のブログに綴ってしまいました。

 

本日は水曜日、定休日ですが富山、大阪からSOLIDの仲間が応援にかけつけてくれ、皆でSOLIDコーナーの準備を進めております。

大人たちが一つの目的に向かい、「あれがイイ!こうしよう!」と目を輝かせ、楽しんで準備をしている姿はそうそう見れる景色ではなく、この思いが皆様に少しでも伝われば幸いです(´ー`)

9/4、SOLID高松店のOPEN、そして「3人展(作家展)」乞うご期待。



 

 

2020.08.26 update | BLOG,SOLID

未来について子供から教わる事

突然ですが皆さん、資源を大切にしていますか?

一言に「資源」と言っても様々ありますね。



実は先日、我が家の夕食時の会話でこのような事がありました。

 

4歳の息子が

「保育園でお水を出しっぱなしにしている子がいたから、〇〇(息子の名前)が止めたんだよ!」っと。

 

我が家では子供に、「お水を出しっぱなしにしたら、お風呂の水やトイレの水が出なくなる(使えなくなる)んだよ(`・ω・´)」と常に教えており。

そのおかげ?そのせい?でどうやら息子は園で水を出しっぱなしにしている子がいると自分で止めるという事しはじめたようです。

もちろん、ちゃんと水を止める子もいたり、我が子のように止めてあげる子もいるそうです。

 

まぁ、息子が水を止める理由は「保育園のプールの水がなくなるから!」だそうですが(。-∀-)

 

理由はともあれ、資源を大切にするというコンセプトは間違っていないのでその時、息子をしっかり褒め、これからもその行動を続けていくよう話ました。

大人になると他人が隣で水道の水をどんどん流していても注意することもなければ、止めることをする人は私が知る限りでは、まぁほぼほぼいないかと思います。

子供に教えているつもりが、改めて自分も教わっているということが最近よくあります。

 

近年ではエコからSDGsなど、未来の環境を考えた取り組みが本当に身近になってきました。

私たちミゾブチ家具でも、10数年前から環境に配慮し、簡単に使い捨てる家具ではなく、一生いや次の世代まで愛用いただける確かな家具のご提案に少しづつシフトチェンジしていきました。

 

お陰様で少しづつ県内の皆様からもそのようなお店だと認知いただけるようになり、良いものを長く愛用したいというお客様に支えていただいております。

そして、更にその思いは強くなり、この度の9/4よりOPENいたします【SOLID FURNITURE STORE】のコンセプトは「世代を超え、愛される家具へ」と題し、一生ものから次の世代へも愛される家具を目指しデザイン、制作に取り組んでおります。

100%総無垢材を使用することでメンテナスも可能となり、長くその家具を愛用することで資源である「木」、自然を守ることにも繋がります。



もちろん、「SOLID」の魅力はそれだけではなく様々ありますが、その続きは店頭でゆっくりと。

 

子供から改めて教わった今回の資源を大切にすること。

自分達が皆様へご提案させていただくコンセプトとリンクし、つい今回のブログに綴ってしまいました。

 

本日は水曜日、定休日ですが富山、大阪からSOLIDの仲間が応援にかけつけてくれ、皆でSOLIDコーナーの準備を進めております。

大人たちが一つの目的に向かい、「あれがイイ!こうしよう!」と目を輝かせ、楽しんで準備をしている姿はそうそう見れる景色ではなく、この思いが皆様に少しでも伝われば幸いです(´ー`)

9/4、SOLID高松店のOPEN、そして「3人展(作家展)」乞うご期待。